06/08 持ち直してきてるように見えるけど…

先週金曜日、5月非農業部門雇用者数変化(前月比)発表でガクーンと下がった相場。

豪ドルを買ってるくろねことしては豪ドルに注目しちゃうのだけど、5/6,24,26と言う下落の中で米ドルは5/6が最安値、でも豪ドルは5/24と5/26が最安値。これからまだまだ下がる可能性があるそんな感じがするので、恐怖感が抜けないですね。

先週半ばくらいには、豪ドル75.9~76.0/75.0~75.3 位が底かな?って読んでいたのですがあっさり抜かれたし~。ユーロも110.0円が底かなと思っていたけど、こちらもあっさりでしたね。

でも、ユーロより豪ドルの方が下げたら上がってこない感じがしてます…。
今日の要人発言などを見てると本当に危ないのはユーロなのでしょうが、「ユーロは下げるのは良い、そのスピードが問題」の様な発言があるというのはこれから下がるのを容認しているように見えるので…

ユーロは持ち直したら、売りから入るが正解なのでしょうか?

コメント (0件)


くろねこ研究所
http://www.blackcatlab.com/article.php/fx100608_mochinaoshi