サイトカレンダー

サイトカレンダーをスキップ

2018年 10月
«
»
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

記事カテゴリ

ユーザー機能


 2018年10月24日(水) 08:42 JST

メガ兵器の有効性

大戦略WEB
  • 2010年8月20日(金) 04:59 JST
  • 投稿者:
  • 表示回数
    2,370

8/19に公式サイトで発表された【重要】大決戦とワールド統合・リスタートのお知らせ
何か突然のリセット発表でしたね。
前回のアンケートの際に臭わすような設問がありましたが、発表からリセットまで約1ヶ月というのはあまりに周知期間が短いように感じます。
大戦略という長期計画でプレイするゲームという性格上、サービス期間が正式開始から考えても約6ヶ月と非常に短く、6ヶ月で元が取れないような生産施設Lv20等、知っていれば建設しないような施設まで設けながらあまりにひどい感じがしないでもないです。

リセットなど全然想定してなかった我々は、メガ兵器の有効性について実験してみました。
我々は引退する可能性も出てきましたが、他鯖で頑張っている皆様のためにもちょっと公開してみたいと思います。

実験1 メガ兵器は6HEXに対して攻撃可能であるが、1回の攻撃で軟HEX攻撃しているのか?
実験方法:
大戦略では1回の戦闘が3ターンになっていることはすでに周知の事実ですが、今回の実験では全て1%撤退とし1ターンで戦闘を終了させています。(比較条件統一のため攻撃側・防御側同一士官とするなど条件を出来る限り統一しています。)

この実験でメガ攻撃兵器ユニットであるMLRSは1ターンの攻撃で同時に6HEXを攻撃しています。
※航空機は余計な戦闘が発生しないようにするためのスペーサーです。

実験2:実験1では同時にHEX攻撃していたわけですが、攻撃対象内に攻撃できない兵器が配置してあった場合には、その火力はどのように分散するのでしょうか?

実験1では1ターンで1HEXあたり3機の損害が出ていましたが、今回もそれは変わらずです。
実際のMLRSの仕様を考えると非常にわかりやすいものとなっています。6HEX同時攻撃であるが当たっていないと言う所なんでしょうね。

実験3:同じ火力(3)であるM110とどっちらが有利か?と言う実験です。
ただ、MLRSの方が命中率が高いので長距離攻撃ユニットとメガ攻撃ユニットとの比較にはなりませんでした。

M110だと1HEXのみ7機の損害が出ています。M110とMLRSのコスト差を考えないのであれば3HEX攻撃できる対象があればMLRSの方が有利でしょう。M110は移動速度もMLRSに比べて劣りますから、そのあたりも比較条件として考慮対象になってくると思います。

まあ、私はこれまでどおり90式戦車+MLRS+KSAMの組み合わせ採用ですかね。
時間があれば、攻撃対象はどのような順位で選択されるのかと言うあたりを探ってみたいと思います。
この結果はロシアンルーレット方式で特攻するタイプの方に優位になるかも知れませんね。

この実験結果が皆さんのお役に立てたら幸いです。

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://www.blackcatlab.com/trackback.php/dsweb100820

以下のコメントは、その投稿者が所有するものでサイト管理者はコメントに関する責任を負いません。