2014.08.18 8月13日公開のWindows UpdateでPCが起動しなくなる問題

マイナビニュースなどで既報の、世間を騒がせているWindows Updateのトラブルが発生している。
Microsoftでも問題が確認されていて、すでに英語版についてはサポート技術情報が出ているとのこと。日本語版も18日にサポート技術情報が公開されています。

日本マイクロソフトについても8月15日 9:07の時点で下記のように情報公開がなされていて、数日中にサポート技術情報が出る模様。

「日本版のサポート技術情報は数日内に公開いたしますが、下記のStop 0X50 エラーの問題に遭遇されている方のために、本ブログで復旧方法をご案内します。」

 


08.18 15:41に日本マイクロソフトから下記の内容のメールが出されました。
MS14-045(KB2982791)のアンインストールが推奨されています。

------------------------------------------------------------
■ MS14-045 (重要)
------------------------------------------------------------

タイトル: カーネルモード ドライバーの脆弱性により、特権が昇格される (2984615)

更新内容: このセキュリティ情報ページを更新し、マイクロソフト セキュリティ更新プログラム 2982791 のダウンロード センターのリンクを削除しました。マイクロソフトは、この更新プログラムをアンインストールすることを推奨します。詳細については、更新プログラムに関するFAQ を参照してください。

現在、Windows Updateには上記問題が発生する可能性のある更新プログラムの公開停止がなされている。
このため、まだ問題の発生していないPC限定だが、対応方法として手っ取り早いのが、下記の手順になる。

  1. 「システムの復元」でWindows Update適用前の状態まで戻す
  2. 再度Windows Updateを行う
くろねこは、メインPCを上記の方法で対応、サブPCの何台かについては「プログラムと機能」から該当の更新プログラムを削除した。

8/28 マイクロソフトから修正版が出ました。Windows Updateから更新が可能です。企業などでWSUSを使っている場合で未適用の場合は、問題のある更新プログラムは今回の修正版でWSUS内のデータベース内で置き換えられるとのことですが、再確認して追記します。

 

◆参考

◆追記

コメント (0件)


くろねこ研究所
http://www.blackcatlab.com/article.php/20140818_WindowsUpdateTrouble